HOSONO BUILDING

    

2019.02.08

friday 19:30
ADV 3,000yen / DOOR 3,500yen
Sound:Wada

ACT

Jan Jelinek

Jan Jelinek

Faitiche / ~Scape

ベルリン在住の音楽家/プロデューサー。 1998年にFarben名義でKlang Elektronikからリリースされたダンス・トラックで注目を集める。 当時としては非常にミニマルながらも繊細なゆらぎに満ちたその作品群は、のちにSNDやMille Plateauxの作品群らとともにクリック・ハウスと呼ばれたムーヴメントを牽引する先駆けとなっ た。 2001年には~Scapeより本名Jan Jelinek名義で『Loop-finding-jazz-records』を発表。ジャズ のサンプリング・ループから音のモアレのようなレイヤーを浮き上がらせ、ミニマルでエクスペリ メンタルな電子音楽史に残る名盤として今もなお評価され続けている。 ハノーファーでのEXPO2000でのサウンドコラージュの演奏、日本の即興バンドComputer Soup やオーストラリアのジャズバンドTrioskとのコラボレーション等を経て、2008年より自身の実験 のためのプラットフォームでもあるレーベルFaiticheの運営を開始。Jan Jelinek本人の作品や Masayoshi Fujitaとのコラボレーション、架空の作曲家Ursula Bognerによる作品などをリリー スしている。 フィールドレコーディングコラージュ、音響作品、ミニマリスティックな電子音楽など、さまざま な作品全てに共通しているのは自身が収集した音の素材をライヴ処理することであり、テープレコー ダー、デジタルサンプラー、メディアプレイヤーなどの迂回を繰り返して元の素材を彼自身の音楽 へと変容させる。その実験の積み重ねと緻密さが、彼が唯一無二のアーティストといわれている所 以でもある。

AOKI takamasa

AOKI takamasa

 

1976年大阪府出身。現在は大阪在住。 Born in Osaka, 1976. Presently living in Osaka. RHYTHM + PHOTOGRAPHY http://www.aokitakamasa.com/

Albino Sound / 梅谷 裕貴

Albino Sound / 梅谷 裕貴

 

東京出身、現在は大阪在住のプロデューサー、ミュージシャン。 2014年よりソロ活動を始め、同年Red Bull Music Academy Tokyoにて数少ない生徒の1人として選出される。 2015年にはミックスエンジニアにAOKI takamasaを迎えた 1st Album “Cloud Sports”をP-Vineよりリリース。 70年代の実験音楽やクラウトロックをルーツに、現在はハードウェアを駆使した実験的なベースミュージック、モダンテクノといったサウンドを製作している。 今回の公演ではテクノのエレメントにフォーカスしたアンビエントセットを披露する。

ACCESS

大阪市西区新町4-5-7
地下鉄長堀鶴見緑地線or千日前線「西長堀」4C出口すぐ

TICKET

ご希望の前売りチケット枚数をご記入の上、送信してください